富士河口湖町新聞は富士河口湖町の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

富士山の溶岩石を使った窯で焼くベーカリー&カフェ「エソラ」に行ってきました!

みなさんこんにちは〜!

やっと梅雨が明け、2016年のサマーシーズン到来ですね。

さて、今回のレポートは、小立の新築住宅が立ち並ぶ中にある童話の世界に出てきそうな佇まいのおしゃれなパン屋さん、ベーカリー&カフェ「エソラ」さんにお話を伺がってきました!

IMG_6688

富士河口湖町新聞
こんにちは!宜しくお願いします!

渡辺 将司オーナー
こんにちは、お待ちしてました!

IMG_6661

こちらがエソラのオーナーの渡辺将司さん。都内の国際製菓専門学校から埼玉の有名店で5年間勤務後、ドイツでの1年間の単身修行を経験。帰国してからは、都内の個人店や千葉の大手ベーカリーに勤務し、その後、独立のため地元に戻り、準備をしながら地元ホテルのベーカリーに勤務。2015年4月、31歳の時、故郷である富士河口湖町にてベカーカリー&カフェ「エソラ」をオープン。

IMG_6648

富士河口湖町新聞
実は、いつもお世話になってます。笑

渡辺 将司オーナー
そうですか!ありがとうございます。笑

IMG_6639

富士河口湖町新聞
ほんと美味しいですし、お店の佇まいもワクワクしますよね。店名の「エソラ」ってどういう思いを込めたんですか?

渡辺 将司オーナー
「絵空事」から取りました。現実にはあり得ない、空想の世界感という意味ですが、店舗のデザインも童話の中に出てきそうな曲線を使ったデザインにしました。

IMG_6646

富士河口湖町新聞
エソラのパンの「こだわり」を教えて頂けますか?

渡辺 将司オーナー
そうですね。自家製の酵母を使って、富士山の溶岩でできたオーブンで焼いてます。遠赤外線の効果で短時間で一気に焼きあげるので、外はカリッと中はモチッとするのがこだわりです。時間が経っても水分が抜けないので、モチモチの食感が続きますよ。

IMG_6656

こちらが富士山の溶岩石を使用した釜。

富士河口湖町新聞
パン屋さんになるのは、子供の頃からの夢ですか?

渡辺 将司オーナー
そうですね。子供の頃から、料理とかお菓子作りが好きだったのでその道に進もうと思ってました。専門学校でパンの授業を受けてからパンにはまりましたね。なかなか思うようにいかない楽しさとか、菓子パンや食事パンとジャンルの広さに魅力を覚えて、そのままパン屋になりました。

IMG_6650

富士河口湖町新聞
夢を実現させたわけですね!

渡辺 将司オーナー
そうですね!まだまだ、お客様へパンの種類や数を満足にお出しできていないという課題もあります。閉店前に品切れしてしまうこともありまして。

IMG_6653

富士山が一望できる窓ガラスのカフェスペースも素敵です。

富士河口湖町新聞
パン屋さんも豆腐屋さんのように朝が早いイメージなんですが、何時頃から準備始めるのですか?

渡辺 将司オーナー
3:30に出勤してます。

富士河口湖町新聞
3:30ですか!?
これからは、より一層ありがたく食べます。笑

IMG_6682

富士河口湖町新聞
富士河口湖町新聞をご覧下さっている読者の方へ、何かお伝えしたいことありますか?

渡辺 将司オーナー
スタッフ大募集です!!!まだまだ、たくさんの種類のパンをお出ししたいのですが、スタッフが足らずにお出しできていないのが現状です。是非、パン作りに興味がある方、ご連絡くださいね。3:30からとは言いませんから。笑

IMG_6673

「パン屋さんになる」

という、夢を実現させたベーカリー&カフェ「エソラ」のオーナー渡辺将司さん&スタッフのみなさん、これからも1人のファンとして美味しいパンを楽しみにしてます!

*************************************************************
ベーカリー&カフェ エソラ
山梨県南都留郡富士河口湖町小立3093
0555-73-9080

営業時間
8時〜18時(パンが無くなり次第終了)
火曜日定休(祝日の場合は次の平日)

Share (facebook)