富士河口湖町新聞は富士河口湖町の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

富士河口湖町の「お祭り」事情〜稚児の舞〜精進諏訪神社例祭〜本栖公家行列

みなさん、こんにちは!

「おまつり」って響きだけでソワソワしてしまう富士河口湖町新聞です。

取材してから日にちが空いてしましましたが

4月25日におこなわれた町内の例祭を三ヶ所回って参りました。

大石公園の湖沿いの畑の中をそ〜っとダッシュしたりと

時間の調整に苦労したのは、さておき、まずは

河口浅間神社例祭

富士河口湖町新聞はじめての取材をさせていただいた河口浅間神社の例祭

県指定無形文化財の「稚児の舞」は

小学校6年生くらいまでの女の子が

神社の神前で笛などの演奏に合わせて数人で踊る

伝統的な舞を奉納されます。

「喧嘩神輿」と言われる河口の男たちの神輿渡御は驚きましたよ。ほんと。

あっ中田宮司だ!と思った瞬間・・・突然

IMG_3791

パン!パン!パン!パン!

と爆竹が鳴り響く。

知らない人はビックリしますのでご注意を!

「メンショー、メンショー」

IMG_3794

「メンショー、メンショー」

IMG_3797

この後、神輿同士がぶつかり合うクライマックスがあるなんて知らずに次へ。(取材は来年に)

 

お次は、境内に子供が喜ぶ屋台がずら〜っと並ぶ

冨士御室浅間神社春の例大祭

IMG_3694

武田信玄公も崇拝したという由緒正しい神社の例祭

こちらは「浦安の舞」が奉納されます。

 

そして、河口湖の島「うの島」でおこなわれている

河口湖うの島例大祭

大石観光協会に電話したら・・・「もう終わりじゃないかな〜」と。

全力で走りましたよ。はい。

IMG_3715

おかげで間に合い、船で島まで渡していただきました(無料です。)

案内板もなく、渡船場が分かりずらいので来年行ってみようと思っている方は、大石公園に車を停め、大石観光協会にて詳細をお聞きするのがいいかと思います。

言われた通り行ったんですけどね〜。。。

富士河口湖町新聞は、湖沿いの畑を迂回しながらも走り抜けました。(畑主様すみません。)

「河口湖林間学園」を湖の方へ入ると渡船場がありますので、皆様はご注意を!

スクリーンショット-2016-05-16-1.53.11

こちらも「稚児の舞」が奉納されます。

 

精進諏訪神社の例祭

区議会議員の方々で夏のハイシーズンに向け、地域の安全と盛り上がりを祈願するようです。

こちらは4月19日におこなわれたものです。

13016615_930926897027134_279449144_o

13054472_930927487027075_1757418283_o

 

そして、5月17日(火)におこなわれる

本栖公家行列

300年以上前から伝わる古い歴史ある行事である「公家行列」は、江戸時代に、徳川家康から命を受け、本栖関所で駿河国境の警備に当たっていた渡辺囚獄佑(わたなべひとやのすけ)が、若者の士気を鼓舞するために始めたと伝えられている伝統行事

公民館に男衆が集まり、取り組みの練習や花飾りを作る作業をおこないます。

IMG_4768

IMG_4955

IMG_4779

IMG_4775

顔を白く塗った氏子たちが公家、近習、侍、徒人などの珍しい衣装を付け

「アーヤサテーサー」

「アーヨーヤーナ」

「ショイショイ」

掛け声をかけながら本栖を練り歩きます。

公家行列は5月17日(火)10時頃〜14時頃

本栖湖「山神社」より開催されます。

お時間ある方は、1度ご覧になられてはいかがでしょうか?

町内のお祭りも夏に向けて色々あると思いますので、

他の地区のお祭りを覗きにいくのもですよね。

Share (facebook)